コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波宮 ナニワノミヤ

5件 の用語解説(難波宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なにわ‐の‐みや〔なには‐〕【難波宮】

奈良時代に聖武天皇が一時造営した皇居。難波長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)と同じ場所。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

難波宮

645年、中大兄皇子らが蘇我氏を打倒したクーデター「乙巳(いっし)の変」の後に孝徳天皇が新しい都として建設。726年から聖武天皇が再び整備し、744年には一時、都になった。第2次大戦後、大阪市の法円坂周辺で古代の瓦が出土することに古代史学者の山根徳太郎が注目。1954年からの発掘調査で確認された。

(2014-02-25 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

難波宮【なにわのみや】

難波京

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なにわのみや【難波宮】

現在の大阪市中央区法円坂町一帯を中心として所在した7世紀中葉から8世紀末に至る古代宮殿遺跡。上町台地を中心とする古代の難波の地には,古くは応神天皇の大隅(おおすみ)宮,仁徳天皇の高津宮,欽明天皇の祝津(はふりつ)宮などの宮室が置かれたと記紀は伝えている。645年(大化1)6月,飛鳥板蓋(いたぶき)宮における蘇我入鹿暗殺事件を発端としていわゆる大化改新が開始されるが,同年12月,孝徳天皇は都を飛鳥から難波長柄豊碕(ながらとよさき)に移した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なにわきゅう【難波宮】

古代、難波に営まれた宮城。大阪市中央区法円坂町付近にあった。遺構は四期にわたり、孝徳朝の難波長柄豊碕ながらのとよさき宮、天武朝の陪都としての難波宮(二期)、聖武朝から平安初期にかけての陪都としての難波宮にそれぞれ比定されている。仁徳朝に置かれたとされる難波高津宮は、遺構の上の確認はなされていない。なにわのみや。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難波宮の関連情報