竹内街道(読み)たけのうちかいどう

大辞林 第三版の解説

たけのうちかいどう【竹内街道】

大阪府堺市から奈良県橿原市に至る古代からの道。県境付近二上山南側で海抜389メートルの竹内峠を越える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

竹内街道【たけのうちかいどう】

南大和から南河内をほぼ東西に横断し,泉州に至る道で,街道名は大和・河内の国境を二上(にじょう)山南側の竹内峠(奈良県葛城市と大阪府太子町の境)で越えることによる。江戸時代には,大和の東西の古道である横大路から竹内峠を経て河内の飛鳥(あすか)・駒ヶ谷・古市・野々上(ののうえ)・樫山・野遠(のとお)・金岡などを通り堺に至る。当街道は《日本書紀》の壬申の乱の記事にみえる丹比道(たじひみち)の後身と考えられている。
→関連項目磯長谷羽曳野[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけのうちかいどう【竹内街道】

大和と河内を結ぶ主要道。名の由来は,奈良県北葛城郡当麻町竹内の集落を通り,二上山南側の竹内峠を越えることによる。近世においては,竹内~竹内峠~山田~春日~飛鳥~駒ヶ谷~古市~軽墓~野野上~樫山~岡~野遠~金田~黒土~堺の道順をたどる。金田(堺市金岡町)所在の金岡神社と,樫山と野野上の中間点(松原市立部2丁目付近)まではほぼ直線であり,古代の東西に走る直線古道,丹比道(たじひみち)の面影をよく残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の竹内街道の言及

【飛鳥美術】より

…これと歩調を合わせるように翌年慧慈も高句麗に帰国する。 一方同じころ百済人路子工(みちこのたくみ)が御所の南庭に須弥山形および呉橋を構え,百済人味摩之(みまし)も伎楽を伝えるなど百済からの来朝あいつぎ,613年には飛鳥と難波を結ぶ竹内街道が開通し(紀),これによって難波との直結をねらった,斑鳩宮の存在価値は半減する。これ以後聖徳太子は政治の舞台から後退し,615年には帰還する遣隋使に従って百済の使いが朝貢するなど,蘇我氏による百済路線復活のきざしがうかがえる。…

【丹比道】より

…その名称は,大津道とともに,《日本書紀》の壬申の乱の記述中に見えている。近世の竹内街道,長尾街道は,それぞれ丹比道,大津道の後身と考えられる。両道は,約1.9kmの間隔を保ちながら,ほぼ真東西に平行して走る。…

※「竹内街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹内街道の関連情報