(読み)やく

精選版 日本国語大辞典「役」の解説

やく【役】

〘名〙
① 国家が人民に課した労役。公役(くやく・こうえき)。賦役(ぶやく・ぶえき)。えだち。えき。
※宇治拾遺(1221頃)四「篤昌を役に催しけるを」
② 所有する物品や通行に対して課す税。
※玉塵抄(1563)二〇「牌をかいて高う舟にさしあげてとをったぞ、舟のやくなどをのがれたか」
③ 江戸時代、伝馬役・助郷役・百姓役など課役の略。
※地方凡例録(1794)五「鎰役之事鎰役と云は、古昔は総て役を掛るに物の訳定らざるを、石高免状と云事もなく」
④ 受持の仕事。役目。つとめ。官職。職務。任務
※宇津保(970‐999頃)国譲下「公卿たちに、やくつかうまつらせん」
※洒落本・傾城買四十八手(1790)やすひ手「おめへがたのむつごとをきく役(ヤク)だね」
⑤ 唯一の仕事。もっぱらのつとめ。→役(やく)と
※源氏(1001‐14頃)須磨「しほ垂るることをやくにて松島に、年ふるあまもなげきをぞつむ」
⑥ 能楽や演劇などで各役者の受け持って扮する役目。芸の担当。
※申楽談儀(1430)勧進の舞台、翁の事「面箱のやく 幼きには 斟酌せさすべし」
⑦ 婦人の月経。月のもの。月役。
※洒落本・南極駅路雀(1789)「『ゑてになるといつでもあれよ』〈略〉ゑてといふはやくになっているといふ事也」
⑧ 花札・マージャンなどで、一定の点数を得るための特定の条件にかなった札がそろうこと。

え‐だち【役・

〘名〙 (動詞「えだつ(役)」の連用形の名詞化。古くは「えたち」か)
古代、大和政権が人民に課した労役。特に令制においては歳役(さいえき)、雑徭(ぞうよう)をいう。
※書紀(720)仁徳一一年是歳(前田本)「新羅人朝貢(みつきたてまつ)る。則ち是の(エタチ)に労(つか)ふ」
② (戦争に徴発されることから転じて) 戦争。戦役。
※書紀(720)神武即位前戊午年一〇月(北野本訓)「先(ま)づ八十梟(やそたける)を国見丘に撃て破(やぶ)り斬(き)りつ。是の(エダチ)に、天皇志(みこころさし)必ず克(か)ちなむといふことを存(たも)ちたまへり」

えき【役】

〘名〙
① 人民を強制して公用に使うこと。夫役(ぶやく)。やく。えだち。
※古今著聞集(1254)一六「其比までは、府の役力なしとて、きらはざりけれども」
② 割り当てられたつとめ。役目。職務。やく。
※浮世草子・近代艷隠者(1686)三「かりにも権を厚くするは、皆民に上たる役(ヱキ)にして、人を治むる為にあり」
③ (人民を徴発する意から) 戦争。
※紫(1901)〈与謝野鉄幹〉日本を去る歌「二十七八年の役(エキ)何んが故に父祖の子孫を殺して、高麗半島の山河 空しく北夷の蹂に委(い)したる」 〔春秋左伝‐桓公一三年〕

え‐だ・つ【役】

〘自タ四〙 (古くは「えたつ」か) 公用の夫役に従事する。
[補注]「色葉字類抄」に「 エウ エダツス 労民調也」とあるのは「エダツ」と「エダス」を併記した形であろう。「古事記」の「為役」「役」などが「エタチ」と訓まれているが、確実な用例を見出しにくい。

えき‐・する【役】

〘他サ変〙 えき・す 〘他サ変〙 使役する。使う。
※応仁略記(1467‐70頃か)下「禁裏仙洞は定て陣屋と成て、南蛮の異類玉殿をす」

えた・む【役】

〘他マ四〙 使役する。仕事をさせる。
※大唐西域記長寛元年点(1163)七「猨狐は志を同じくし各能く心を役(エタメり)

え‐だ・す【役】

〘自サ四〙 =えだつ(役)
※高山寺本名義抄(鎌倉初)「 エタス」
※観智院本名義抄(1241)「繇 エタス」

えき‐・す【役】

〘他サ変〙 ⇒えきする(役)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「役」の解説

やく【役】


㋐受け持ちの任務。役目。「仲裁のを買って出る」
㋑組織の中で、責任のある地位・職務。「に就く」
演劇などで、俳優がふんする人物。配役。「せりふのあるがつく」「になりきる」
花札・マージャン・トランプなどで、ある条件がそろって特定の点数などを加える権利が生じること。また、そのような札やパイの組み合わせ。「高いで上がる」
もっぱらのつとめ。唯一の仕事。
「そこはかなきことを思ひつづくるを―にて」〈更級
官が人民に課す労役。公役くやく夫役ぶやく
「かやうの―に催し給ふはいかなることぞ」〈宇治拾遺・四〉
物品に課す税。
「山中の関にて―をせよといふ」〈醒睡笑・七〉
[類語]役目役割役所お役役回りひと役勤めにん任務義務責任責務本務使命役儀ぶん本分職分職責責め課業日課

やく【役】[漢字項目]

[音]ヤク(呉) エキ(漢) [訓]えだち
学習漢字]3年
〈ヤク〉
割り当てられたつらい仕事。「夫役ぶやく
責任を持って当たる任務。「役所役職役人役場やくば役目大役代役同役
主だった任務に就く人。「役員顔役かおやく重役収入役
劇や映画で、出演者の受け持ち。「役者悪役主役端役はやく配役脇役わきやく
〈エキ〉
人民に割り当てるつらい仕事。労働や戦争などの務め。「役務課役苦役軍役現役雑役就役退役懲役服役兵役労役
戦争。「戦役
こき使う。「使役
[名のり]つら・まもる・ゆき
[難読]役行者えんのぎょうじゃ

え‐だち【役】

税の一種として公用の労働に従事すること。え。夫役ぶやく
《人民が徴発されて戦争に従軍する意から》戦争。戦役。えき
「新羅の―にりて、天皇を葬ること得ず」〈仲哀紀〉

えき【役】

戦争。「前九年の
人民に公の労務を課すこと。夫役ぶやく。えだち。
「諸大名の―におほせらる」〈折たく柴の記・中〉
[類語]戦う有事戦時非常時乱世事変革命戦争非常いくさたたか戦役せんえきへい兵馬へいば兵戈へいか干戈かんか会戦合戦かっせん交戦戦火兵火戦乱兵乱戦雲戦塵せんじん戦禍せんか大戦戦闘

え【役】

古代、人民に割り当てられた肉体労働夫役ぶやく。えだち。「えよぼろ役丁)」のように他の語と複合した形で用いられる。

えき【役】[漢字項目]

やく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「役」の解説


えき

古来,中国で支配者が被支配者に課した無償の労力奉仕
徭役 (ようえき) は中央の土木建設工事に従事するものであったが,そのうち雑徭 (ざつよう) は,地方の土木工事のほか,臨時の労働を強いた。職役 (しよくえき) は徴税警防などの労役奉仕で,特に中央政府の命令による割当てを差役といった。この運用のしかた(役法)は,つねに民衆との間に多くの問題を発生させた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「役」の解説

やく【役】

〈役〉は古くは〈エ〉と訓まれ,統治権力による人民の賦課,公用の課役・天役を意味していた。調(つき)が物品による税であるのにたいして,役(え)は労力によるものであり,両者を含めて〈課役(えつき)〉といった。この役(え)と役(やく)の関連(いずれも漢音)は不明だが,平安時代以降は,役(やく)の用例が多く,その範囲も公用の夫役ばかりでなく,支配―被支配の関係を含まない一般的な役割,役目を意味する言葉としても用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【課役】より

…〈かやく〉ともいう。課は割り当てて徴収する,役は労役に徴発する意味の動詞,名詞で,これを組み合わせて公課の主体を指称した。その内容は(丁あたり粟2石)と調(丁あたり絹2丈,あるいは麻布2丈5尺,それに付属物として絹糸,綿(まわた)あるいは麻糸が加わる)および役(年間20日間の力役,中央政府が徴発し主都の建設,土木工事等に使われる)の3種よりなる。…

【課役】より

…〈かやく〉ともいう。課は割り当てて徴収する,役は労役に徴発する意味の動詞,名詞で,これを組み合わせて公課の主体を指称した。その内容は(丁あたり粟2石)と調(丁あたり絹2丈,あるいは麻布2丈5尺,それに付属物として絹糸,綿(まわた)あるいは麻糸が加わる)および役(年間20日間の力役,中央政府が徴発し主都の建設,土木工事等に使われる)の3種よりなる。…

※「役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android