コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

11件 の用語解説(役の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

え【役】

古代、人民に割り当てられた肉体労働。夫役(ぶやく)。えだち。「えよぼろ(役丁)」のように他の語と複合した形で用いられる。

えき【役】

戦争。「前九年の
人民に公の労務を課すこと。夫役(ぶやく)。えだち。
「諸大名の―に課(おほ)せらる」〈折たく柴の記・中〉

えき【役】[漢字項目]

やく

え‐だち【役】

税の一種として公用の労働に従事すること。え。夫役(ぶやく)。
《人民が徴発されて戦争に従軍する意から》戦争。戦役。役(えき)。
「新羅の―に由(よ)りて、天皇を葬ること得ず」〈仲哀紀〉

やく【役】


㋐受け持ちの任務。役目。「仲裁のを買って出る」
㋑組織の中で、責任のある地位・職務。「に就く」
演劇などで、俳優が扮(ふん)する人物。配役。「せりふのあるがつく」「になりきる」
花札・マージャン・トランプなどで、ある条件がそろって特定の点数などを加える権利が生じること。また、そのような札や牌(パイ)の組み合わせ。「高いで上がる」
もっぱらのつとめ。唯一の仕事。
「そこはかなきことを思ひつづくるを―にて」〈更級
官が人民に課す労役。公役(くやく)。夫役(ぶやく)。
「かやうの―に催し給ふはいかなることぞ」〈宇治拾遺・四〉
物品に課す税。
「山中の関にて―をせよといふ」〈咄・醒睡笑・七〉

やく【役】[漢字項目]

[音]ヤク(呉) エキ(漢) [訓]えだち
学習漢字]3年
〈ヤク〉
割り当てられたつらい仕事。「夫役(ぶやく)
責任を持って当たる任務。「役所役職役人役場(やくば)役目大役代役同役
主だった任務に就く人。「役員顔役(かおやく)重役収入役
劇や映画で、出演者の受け持ち。「役者悪役主役端役(はやく)配役脇役(わきやく)
〈エキ〉
人民に割り当てるつらい仕事。労働や戦争などの務め。「役務課役苦役軍役現役雑役就役退役懲役服役兵役労役
戦争。「戦役
こき使う。「使役
[名のり]つら・まもる・ゆき
[難読]役行者(えんのぎょうじゃ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やく【役】

〈役〉は古くは〈エ〉と訓まれ,統治権力による人民の賦課,公用の課役・天役を意味していた。調(つき)が物品による税であるのにたいして,役(え)は労力によるものであり,両者を含めて〈課役(えつき)〉といった。この役(え)と役(やく)の関連(いずれも漢音)は不明だが,平安時代以降は,役(やく)の用例が多く,その範囲も公用の夫役ばかりでなく,支配―被支配の関係を含まない一般的な役割,役目を意味する言葉としても用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

え【役】

課役。夫役ぶやく。えだち。「役調えつき」「役丁えよぼろ」など、他の語と複合した形でみられる。

えき【役】

戦争。たたかい。 「西南の-」 「後三年の-」
割りあてられた公のつとめ。やく。 「諸大名の-に課せらる/折たく柴の記」

えだち【役】

古代、朝廷が人民に課した労役。律令制では特に歳役・雑徭ぞうようをいう。夫役ぶやく。 「 -を罷めしめたまふ/日本書紀 顕宗訓
戦役。戦い。徴兵。 「此の-に至りて意みこころに窮誅ころさむと欲おもほす/日本書紀 神武訓

やく【役】

全体の中で、割り当てられ受け持つ仕事。果たしている任務。役目。 「見張りの-」
責任のある重要な職務・地位。 「 -につく」
もっぱらその事にあたること。 「こたつの守りを-にして過ごす」
演劇で俳優の演ずる受け持ち。 「桃太郎の-を演ずる」
花札・麻雀などで、点になる、あるいは勝負に関係する札や牌パイの組み合わせ。
官から課される労働。公役くやく。夫役ぶやく
物品に課する税。 「百姓の物ごとを-に掛けて取りあげ/仮名草子・浮世物語」
月経。月役つきやく。 → 役と(副)
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【課役】より

…〈かやく〉ともいう。課は割り当てて徴収する,役は労役に徴発する意味の動詞,名詞で,これを組み合わせて公課の主体を指称した。その内容は(丁あたり粟2石)と調(丁あたり絹2丈,あるいは麻布2丈5尺,それに付属物として絹糸,綿(まわた)あるいは麻糸が加わる)および役(年間20日間の力役,中央政府が徴発し主都の建設,土木工事等に使われる)の3種よりなる。…

【課役】より

…〈かやく〉ともいう。課は割り当てて徴収する,役は労役に徴発する意味の動詞,名詞で,これを組み合わせて公課の主体を指称した。その内容は(丁あたり粟2石)と調(丁あたり絹2丈,あるいは麻布2丈5尺,それに付属物として絹糸,綿(まわた)あるいは麻糸が加わる)および役(年間20日間の力役,中央政府が徴発し主都の建設,土木工事等に使われる)の3種よりなる。…

※「役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

役の関連情報