役者子供(読み)やくしゃこども

精選版 日本国語大辞典「役者子供」の解説

やくしゃ‐こども【役者子供】

〘名〙
少年役者。男色を売った少年の歌舞伎俳優。舞台子。
世草子・好色一代男(1682)八「惣じて者子供(ヤクシャコドモ)の世の暮し、けふあって明日は雪ののごとし」
② 役者はの世界以外のことについてはうとく、子どものように世間知らずであることをいう。
女面(1958)〈円地文子〉一「頼人という方は本当の能一式の役者子供みたいな人柄だといいますから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「役者子供」の解説

やくしゃ‐こども【役者子供】

役者は芝居のことしかわからず、まるで子供のような世間知らずであるということ。
少年の歌舞伎役者
そうじて―の取る銀は、当座のあだ花ぞかし」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android