コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役藍泉 えんの らんせん

2件 の用語解説(役藍泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

役藍泉 えんの-らんせん

1751-1809 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦元年生まれ。島田蕃根(ばんこん)の祖父。周防(すおう)(山口県)徳山の天台宗本山派修験道(しゅげんどう)教学院の住職。役小角(おづぬ)の流れをくむ。滝鶴台(たき-かくだい)にまなび,徳山藩藩校鳴鳳館(めいほうかん)の学頭となる。亀井南冥(なんめい)らとまじわった。文化6年死去。59歳。本姓は島田。名は浄観。字(あざな)は道甫。通称は役観,右京。別号に興山。著作に「藍泉集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

役藍泉

没年:文化6.9.29(1809.11.6)
生年:宝暦1(1751)
江戸中期の修験者,儒者。本姓島田氏,名は観,字は道甫,通称右京,藍泉または興山と号し,修験道の祖役小角の流れをくむと称して役を姓とした。周防国(山口県)徳山教学院の住持にして安永期,徳山藩校鳴鳳館の教授になる。儒は徂徠学を奉じ,学派を同じくする福岡の亀井南冥とは終生友誼をもった。修験者らしい身の軽さと奔放な気風をもって子弟を訓育。儒仏の哲学的思弁性にとどまらないその実社会への憤激は「万里の長城を築き旗鼓自ら任ずる」ごとき威勢で『大道公論』なる政治論となり,豪邁な南冥さえもその発表を思いとどまらせたほどであった。詩文集『興山集』には忠実な古文辞の徒としての技量がうかがえ,防長に南冥の学を波及させた功績は大きい。<参考文献>荒木見悟「亀井南冥研究―亀井南冥と役藍泉」(『九州儒学思想の研究』)

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役藍泉の関連キーワード瀧無量修験者天一坊験者修験万行奴島田朝日一貫斎島田鸞洞即伝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone