役銭(読み)ヤクセン

大辞林 第三版の解説

やくせん【役銭】

中世、農・工・商に従事するものから、所得に応じて徴収した雑税。酒屋役・倉役など。
江戸時代、鳶職とびしよく・車力しやりき・米搗きなどの日雇いを業とする者から毎月徴収した税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐せん【役銭】

〘名〙
中世に課せられた公事(くじ)で、銭納させたもの。初めは臨時の役であったが、次第に恒例化した。酒屋役・倉役などがそれにあたる。
※蜷川文書‐明応六年(1497)四月日「惣別役銭無贔屓偏頗之儀、在所之分限相応之役、令配之、可執沙汰事」
② 江戸時代、主に商工業者に課せられた雑税。小舟役・大工役・桶屋役・石屋役など。
※読本・英草紙(1749)一「毎月常例の役銭(ヤクセン)をとり納め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android