コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役銭 ヤクセン

大辞林 第三版の解説

やくせん【役銭】

中世、農・工・商に従事するものから、所得に応じて徴収した雑税。酒屋役・倉役など。
江戸時代、鳶職とびしよく・車力しやりき・米搗きなどの日雇いを業とする者から毎月徴収した税。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

役銭の関連キーワード寄親・寄子沖の口口銭伊藤惣十郎室町幕府連雀商人村松藩募役法限田法新法党物力銭坊郭戸蒲御厨青苧座日銭屋納銭方紺屋役銭納所得座銭土倉

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

役銭の関連情報