コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役銭 ヤクセン

2件 の用語解説(役銭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やく‐せん【役銭】

中世、所得に応じて課された銭納の雑税。酒屋役倉役などの類。
江戸時代、大工・桶屋・石屋・鳶職(とびしょく)など、主に商工業者に課せられた雑税。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やくせん【役銭】

中世、農・工・商に従事するものから、所得に応じて徴収した雑税。酒屋役・倉役など。
江戸時代、鳶職とびしよく・車力しやりき・米搗きなどの日雇いを業とする者から毎月徴収した税。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

役銭の関連情報