コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役銭(読み)ヤクセン

大辞林 第三版の解説

やくせん【役銭】

中世、農・工・商に従事するものから、所得に応じて徴収した雑税。酒屋役・倉役など。
江戸時代、鳶職とびしよく・車力しやりき・米搗きなどの日雇いを業とする者から毎月徴収した税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android