コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭納 せんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭納
せんのう

代銭納ともいう。中世,農民が荘園領主などに年貢公事を納入するのに,米,布などの現物で納めるのではなく,銭貨で納入する制度。鎌倉時代中期に始る。銭納化は,荘園領主側の要求による場合と農民側から要求する場合とがある。また,東海道山陽道が銭納化の中心となっている地域である。銭納成立の基本的な要因としては,農工生産力の発展,荘園市場の成立・発展,貨幣流通の増大,商人・高利貸資本の台頭などがあげられよう。中世後期の段銭賦課や戦国大名の貫高制 (→貫高 ) も,銭納の発展を前提としている。 (→夫役 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の銭納の言及

【代銭納】より

…中世の荘園,国衙領,あるいは武家領における年貢・公事の現物納に代わる銭納の制度。鎌倉中・末期には数多くの荘園で行われるようになった。…

※「銭納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銭納の関連キーワード金納・銀納関東御公事身丁銭米本途物成万雑公事普請役撰銭令代銭納両税法雑公事福岡荘太田荘南部荘宋元銭募役法三斎市色代納鎌倉夫冥加金草役米

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android