往復ポンプ(読み)おうふくポンプ(英語表記)reciprocating pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往復ポンプ
おうふくポンプ
reciprocating pump

手動あるいは原動機によってピストンまたはプランジャに往復運動を与え,液体を吸上げたり,高所へ押上げたりするポンプ。プランジャは高圧のものに,ピストンは比較的低圧のものに適する。一般に送水容量が小さく,吐出し量が不均一であるため,空気室を設けて管内の流れを一様にしているものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうふく‐ポンプ〔ワウフク‐〕【往復ポンプ】

シリンダー内をピストンやプランジャーが往復運動をして内部の弁が開閉し、吸入・排出する形式のポンプ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

往復ポンプ
おうふくぽんぷ

密閉された空間の容積移動によって、液体を圧送する容積型ポンプの一種。吸込み弁と吐出し弁を備えたシリンダー内をピストンまたはプランジャーが往復運動して送水する()。プランジャーが右に動くときシリンダー内は真空となり、吸込み弁が自動的に開いて水が吸い込まれる。左に動くとき吸込み弁は閉じ、シリンダー内の水は吐出し弁を押し開いて吐出し管へ送り出される。このような作動方式の単動式ポンプでは送水量の変動が大きいので、送水量を平均化するために複動式や差動式往復ポンプが用いられる。送水量は少ないが高揚程を要求される場合に適し、水圧機用、ボイラー用などに使用される。また油圧用には、回転子中に数組のシリンダーとプランジャーを組み込んだ往復ポンプが用いられている。[池尾 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の往復ポンプの言及

【ポンプ】より


[容積形ポンプ]
 空間容積を周期的に変化させ,液体の吸込み,吐出作用を行わせるポンプで,種々な油圧装置用として使われることが多い。水用ポンプとして容積形ポンプの一種である往復ポンプを用いることもある。いずれもターボ形に比べて流量はきわめて少ないが,得られる圧力は非常に高い。…

※「往復ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android