コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後の先 ごのせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後の先
ごのせん

双葉山 (→双葉山定次 ) が得意とした理想の立ち合い。相手より一瞬あとに立ちながら,あたり合ったあとには先をとっている相撲の立ち合い。出足が本物なら,一瞬先に立った相手に対して,遅れて立ったほうが低くいい角度で入ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

後の先の関連キーワードワールド・エンタープライズ資本ストック調整原理ジェフ ガルシアリショアリング新インフレ指標年金保険制度岡田啓介内閣アエネーイス宮本百合子本多 秋五便宜置籍船新重商主義警察国家地域経済地方制度管理貿易地域紛争混合経済雇用政策ケインズ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後の先の関連情報