コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後れ先立つ オクレサキダツ

デジタル大辞泉の解説

おくれ‐さきだ・つ【後れ先立つ】

[動タ五(四)]
一方が生き残り、一方が先に死ぬ。
「―・つ嘆きのないように二人の寿命をおなじにとまで願った」〈中勘助・菩提樹の蔭〉
「限りあらむ道にも―・たじとちぎらせ給ひけるを」〈桐壺
あとになったり、先になったりする。
「身をしれば雲居の雁の一つらも―・つねをや鳴くらん」〈新後撰・雑下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おくれさきだつ【後れ先立つ】

( 動四 )
あとになったり、先になったりする。 「おそくとく色づく山のもみぢ葉は-・つ露や置くらむ/後撰 秋下
ある者は生き残り、ある者は死んでゆく。 「限りあらむ道にも、-・たじと契ちぎらせ給ひけるを/源氏 桐壺

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android