コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在原元方 ありわらの もとかた

4件 の用語解説(在原元方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

在原元方 ありわらの-もとかた

ありはらの-もとかた

在原元方 ありはらの-もとかた

?-? 平安時代中期の歌人。
在原棟梁(むねはり)の子。藤原国経(くにつね)の養子。中古三十六歌仙ひとり。「古今和歌集」の巻頭歌「年のうちに春は来にけり一年(ひととせ)を去年(こぞ)とやいはむ今年とやいはむ」の作者として知られ,勅撰集に33首がのる。一説に仁和(にんな)4年(888)生まれ,天暦(てんりゃく)7年(953)66歳で死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

在原元方

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。在原業平の孫で棟梁の子。大納言藤原国経の猶子になったとも伝えられるが,その経歴はさだかでない。寛平御時后宮歌合など宇多・醍醐朝の歌合にしばしば出詠し,『古今集』には12首もの作が入集していることなどから,歌人としての活躍ぶりがうかがわれる。理知的な着想による斬新な表現に特徴があり,なかでも,年内立春という歳時と暦日のずれをとりあげて主題化した「年のうちに春は来にけりひととせを去年とや言はん今年とや言はん」の作は,『古今集』全巻の巻頭を飾る一首として有名である。勅撰集には計33首が入集。家集の『在原元方集』は断簡のみが現存する。

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ありわらのもとかた【在原元方】

平安前期の歌人。生没年不詳。寛平から天暦の初年にかけて活動。在原棟梁(むねやな)の子。業平の孫。官は六位。《古今集》に14首,《後撰集》に8首,以後の勅撰集に計8首入集。《古今集》巻頭に〈ふる年に春立ちける日よめる 年の内に春は来にけり一年を去年とやいはむ今年とやいはむ〉があり,北村季吟《八代集抄》で〈当集の巻頭面目比類なき事也〉と評した。しかし,正岡子規は《うたよみに与ふる書》で〈呆れ返つた無趣味の歌〉と論難している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

在原元方の関連キーワード在原在原滋春業平今業平業平橋業平作り在五忌おしなりくん在原棟梁在原守平

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone