後天(読み)こうてん

精選版 日本国語大辞典「後天」の解説

こう‐てん【後天】

〘名〙 (「易経卦」の「先而天弗違、後天而奉天時天且弗違」による。天におくれる意) 物事が生じてのち、人為的に加えられたこと。特に、人が生後に、社会の環境や経験、学習などによって身につけてゆくものをいう。⇔先天
※集義和書(1676頃)一五「孟子先天の理によりていへり。後天よりいふ時は、君は上に位して威重あり、民は君にしたがふ者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後天」の解説

こう‐てん【後天】

《「易経」乾卦の「天に先だって天違たがわず、天に後れて天時を奉ず」から》生まれてからのちに身につけること。人が生後に学習・経験などの結果として得るもの。⇔先天

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「後天」の解説

【後天】こうてん

天の時に従う。先天に対する語。経験的に得るものをいう。〔易、乾、文言伝〕天に先んじて時(たが)はず。天に後(おく)れて天時を奉ず。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android