コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後嵯峨院大納言典侍 ごさがいんの だいなごんのてんじ

1件 の用語解説(後嵯峨院大納言典侍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後嵯峨院大納言典侍 ごさがいんの-だいなごんのてんじ

1233-1263? 鎌倉時代の歌人。
天福元年9月19日生まれ。藤原為家の娘。二条為氏,京極為教の妹。祖父藤原定家から定家書写の古典籍をうけつぐ。後嵯峨天皇につかえ,寛元3年(1245)典侍となる。二条道良(みちなが)と結婚。正元(しょうげん)元年夫と死別後,ふたたび後嵯峨上皇につかえた。家集に「秋夢集」があり,「続後撰和歌集」以下の勅撰集に10首のる。弘長(こうちょう)3年?死去。31歳?名は為子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後嵯峨院大納言典侍の関連キーワード天福公示地価詠歌一体西使記大乗寺冷泉為相チェンライ弘長新制若松寺大乗寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone