コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後嵯峨院大納言典侍 ごさがいんの だいなごんのてんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後嵯峨院大納言典侍 ごさがいんの-だいなごんのてんじ

1233-1263? 鎌倉時代の歌人。
天福元年9月19日生まれ。藤原為家の娘。二条為氏,京極為教の妹。祖父藤原定家から定家書写の古典籍をうけつぐ。後嵯峨天皇につかえ,寛元3年(1245)典侍となる。二条道良(みちなが)と結婚。正元(しょうげん)元年夫と死別後,ふたたび後嵯峨上皇につかえた。家集に「秋夢集」があり,「続後撰和歌集」以下の勅撰集に10首のる。弘長(こうちょう)3年?死去。31歳?名は為子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

後嵯峨院大納言典侍 (ごさがいんのだいなごんのてんじ)

生年月日:1233年9月19日
鎌倉時代前期;後期の歌人
1263年?年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

後嵯峨院大納言典侍の関連キーワード後深草院二条大納言典侍生年月日後期

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android