後朝(読み)コウチョウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ちょう〔‐テウ〕【後朝】

その翌朝。あくる朝。ごちょう。
「―、蔵人(くらんど)左衛門権佐(ごんのすけ)定長、太政入道の宿所に参じて」〈盛衰記・一三〉
男女が共寝した翌朝。きぬぎぬ。ごちょう。
「―の心を詠める」〈金葉・恋上〉

ご‐ちょう〔‐テウ〕【後朝】

こうちょう(後朝)」に同じ。
「除目(ぢもく)の―には」〈今昔・三一・二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ちょう ‥テウ【後朝】

〘名〙
① その翌朝。明くる朝。ごちょう。
※粟田左府尚歯会詩(969)暮春見藤亜相山荘尚歯会詩〈紀伊輔〉「今日暫占仙洞静。後朝皆入帝京忙」
② 男女が共寝した翌朝。恋人同士の別れの朝。きぬぎぬ。ごちょう。
※金葉(1124‐27)恋上・三九八・詞書「後朝の心を」

ご‐ちょう ‥テウ【後朝】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報