コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後狩詞記 のちのかりことばのき

2件 の用語解説(後狩詞記の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

後狩詞記【のちのかりことばのき】

柳田国男の著書。1909年刊。1908年著者が宮崎県椎葉(しいば)村で村長中瀬淳から狩の故実を聞書きしたもの。題名は《群書類従》所収の《狩詞記》(就狩詞少々覚悟之事)に由来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後狩詞記
のちのかりことばのき

柳田国男(やなぎたくにお)の著書。日本民俗学の草創期における古典的作品として知られる。1910年(明治43)3月初版本が出て、のち、1951年(昭和26)10月、実業之日本社より覆刻された。ほぼ同時期に刊行されている『石神問答(いしがみもんどう)』『遠野(とおの)物語』と並ぶ名著の一つとされる。宮崎県東臼杵(ひがしうすき)郡椎葉(しいば)村という伝統的山村で行われていた狩猟伝承の実態を記した内容で、狩ことば、狩の作法のほかに、「狩之巻」を付録として収載している。明治時代中期以後、鉄砲が普及したため狩猟の方法が大きく変化した。柳田国男は、鉄砲を用いなかった時代の山村の生業としての狩猟の古伝を椎葉村長から口頭と文献によって聞き出し、貴重な資料集にまとめた。本書には、近代以前の日本の山村の実情がよく伝えられている。[宮田 登]
『『後狩詞記』(『定本柳田国男集27』所収・1964・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後狩詞記の関連キーワード沢田四郎遠野物語今井善一郎喜舎場永珣北川深雪後藤総一郎鶴見和子松岡たけ三木茂(2)向山雅重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後狩詞記の関連情報