後生畏るべし(読み)こうせいおそるべし

故事成語を知る辞典「後生畏るべし」の解説

後生畏るべし

若いは、将来、どこまで伸びていくかわからないほどの可能性に満ちている、ということ。

[使用例] 本気で叩き込んだらばいよいよ後生畏ろしい者になり本職の弟子どもが困るであろう[谷崎潤一郎春琴抄|1933]

[由来] 「論語かん」に見える孔子のことばから。「後生畏るべし(後から生まれて来るものには、畏敬を払うべきだ)」に続いて、「将来、現在の私たちよりもすぐれた者にならないと、どうしてわかろうか」とその理由を述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「後生畏るべし」の解説

こうせい【後生】 畏(おそ)るべし

(「論語‐子罕」の「後生可畏、焉知来者之不一レ今也」による) 後から生まれてくる者は、これからどれほどの力量を示すかはかり知れないから、おそれなければならない。
※徒然草(1331頃)二一九「先達、後生をおそると云ふこと、この事なりと侍りき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「後生畏るべし」の解説

後生畏るべし

後から生まれてくる者は、これからどれほどの力量を示すかはかり知れないから、おそれなければならない。

[解説] 「論語―子罕」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android