コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤縫殿助(4代) ごとう・ぬいのすけ

1件 の用語解説(後藤縫殿助(4代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤縫殿助(4代)

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天正15(1587)
江戸前期の門閥特権的な呉服商人。幕府御用達の後藤家は金座後藤と呉服後藤の両家があり,後者の初代は三河以来,徳川家康御用商人だった。父忠正は島津一族から初代のときに養子に入り,軍功もあげた。その3男は本名を益勝といい,12歳より家康につかえ,のち3代将軍徳川家光の側近となった。3代目の兄忠直が慶長8(1603)年病没したあと,武家としての家督は弟の吉勝が継いだ。このとき御用達業務は4代目として益勝が継いだものらしい。寛永4(1627)年家光より縫殿助の名称を受け,以降代々幕府筆頭呉服師として同名を継承していく。呉服類の調達だけではなく,将軍身辺の諸事御用も勤め,私的にも親密な関係にあった。

(岩橋勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤縫殿助(4代)の関連キーワード株仲間御用商人御用達家城太郎次石部琴好岩井源兵衛加太八兵衛後藤縫殿助平野屋五兵衛(初代)三島自寛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone