コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後退り アトジサリ

デジタル大辞泉の解説

あと‐じさり【後退り】

[名](スル)《「あとしざり」「あとしさり」とも》
あとずさり1」に同じ。
「―して唐紙に背を靠(もた)せた」〈高見・如何なる星の下に〉
あとずさり2」に同じ。
「いざ結婚となると何時も―していたものが」〈白鳥・泥人形〉
《すり鉢状の巣を作るとき、後方に進むところから》アリジゴク別名
カニムシの別名。

あと‐ずさり【後退り】

[名](スル)《「あとすさり」とも》
恐れたり警戒したりして、前を向いたまま少しずつ後退すること。あとじさり。「犬に出くわして、思わず後退りした」
ためらって消極的になること。あとじさり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとじさり【後退り】

( 名 ) スル
〔「あとしざり」とも〕
あとずさり」に同じ。 「じりじりと-する」 「 -に次第に退場する/ふらんす物語 荷風
アリジゴクの別名。
カニムシの別名。

あとずさり【後退り】

( 名 ) スル
〔「あとすざり」とも〕
前を向いたまま、後ろへさがって行くこと。あとじさり。 「用心しながら-をして/浮雲 四迷
ためらって消極的な態度をとること。しりごみ。逡巡しゆんじゆん。あとじさり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後退りの関連キーワードふらんす物語浮雲四迷荷風

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android