コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退歩 タイホ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ほ【退歩】

[名](スル)あともどりすること。能力や技術などが以前より低くなること。後退。「記憶力が退歩する」⇔進歩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいほ【退歩】

( 名 ) スル
あともどりすること。物事の状態が以前より悪くなること。 ↔ 進歩 「考え方が-する」 「溝を跳び踰えんとする者先つ-して予め身に余勢を蓄ふると一般なり/八十日間世界一周 忠之助

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

退歩の関連キーワード步・保・匍・哺・圃・捕・歩・浦・舗・葡・蒲・補・輔ミハイロフスキーデンマーク文学社会有機体説擂り粉木未開社会記憶力後退能力技術和船手術不退却退却歩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退歩の関連情報