コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐氏体 ジョシタイ

デジタル大辞泉の解説

じょし‐たい【徐氏体】

中国の花鳥画の一様式。徐熙(じょき)・徐崇嗣(じょすうし)に始まるもので、没骨(もっこつ)の技法を特色とする野趣に富む画風。野逸体(やいつたい)。→黄氏(こうし)体

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

徐氏体【じょしたい】

中国五代の徐煕(じょき)に始まる二大花鳥画様式の一つ。没骨(もっこつ)の技法による水墨淡彩の淡雅な画風で,黄氏(こうし)体に対して〈野逸の体〉といわれ,後世文人趣味の興隆に伴い高く評価されるようになった。
→関連項目院体画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょしたい【徐氏体 Xú shì tǐ】

中国,五代南唐の花鳥画家,徐熙が創始した様式をいう。彼の花鳥画の表現はかなり多様であったと考えられるが,蜀の黄筌(こうせん)一派の装飾性の強い黄氏体に対して,徐氏体と呼ばれるときの内容は,水墨と彩色を併用した,瀟洒なものと理解されている。この徐氏体の花鳥画風は北宋後半の文人たちに支持され,落墨花などと呼ばれて,文人の墨戯としての墨竹の成立に影響を与えた。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょしたい【徐氏体】

中国、五代の画家徐熙じよきによって始められた花鳥画の画体。輪郭線を強調せず、墨を主として淡彩をほどこすのが特徴。黄氏こうし体とともに中国花鳥画の二大様式の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐氏体
じょしたい

中国、花鳥画の画風。五代南唐(なんとう)(10世紀)の画家徐煕(じょき)とその孫徐崇嗣(じょすうし)を祖とする中国花鳥画様式で、黄氏体(こうしたい)と対立する二大画風の一つとして、ともに北宋(ほくそう)末以降の中国花鳥画の典型となり、花鳥画の流れを担った。黄筌(こうせん)に始まるとする黄氏体が勾勒(こうろく)賦彩(精密な輪郭線と濃彩)による写生的な描法であるのに対し、輪郭線を用いず墨や色の濃淡を主体とする没骨(もっこつ)法を特徴とし、対象の外形描写よりも、形態の大要を写して、その本質的なものの表現を目ざしており、黄氏体が主として画院で行われたのに対し、徐氏体は後の文人画家の好んでとるところとなった。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の徐氏体の言及

【花鳥画】より

…しかし独立の部門として本格的に成立したのは五代からで,蜀に黄筌(こうせん),南唐に徐熙(じよき)が出,花鳥画の二大源流をなした。黄筌と子の黄居寀(こうきよさい)らの黄氏体は,鉤勒塡彩(こうろくてんさい)法を用いて華麗な富貴さに特色があり,徐熙と孫の徐崇嗣らの徐氏体は,水墨と没骨(もつこつ)画法を取り入れて瀟洒な野逸さに特色があった。次に北宋の画院では,初め黄居寀が勢力を振るい黄氏体が指導様式となったが,しだいに趙昌,易元吉,崔白などの写生画法が採用され,末期の徽宗画院は,写実を重視した徐黄折衷の院体画を成就した。…

※「徐氏体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徐氏体の関連キーワード勾勒・鉤勒・鈎勒徐熙・徐煕勾勒填彩鉤勒填彩没骨法崔白銭選

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android