コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐浩 じょこうXu Hao; Hsü Hao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐浩
じょこう
Xu Hao; Hsü Hao

[生]長安3(703)
[没]建中3(782)
中国,唐の官僚。越州 (浙江省紹興) の人。字は季海。諡は定始。若くして明経科に合格し,著名な文人官僚の張説 (ちょうえつ) の推挙を受けて多くの官職を歴任した。安史の乱のときは襄陽太守本郡防禦使であった。草書隷書に巧みで,粛宗の詔令はみな徐浩の手になったといわれる。粛宗の信任は厚かったが,時の権勢者の宦官李輔国のそしりを受けて左遷された。代宗朝に再び中央に召され,やがて広州の節度使となったが,そこで貨財を蓄積したことを弾劾されて,再び左遷された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょこう【徐浩 Xú Hào】

703‐782
中国,唐代の家。字は季海。越州(浙江紹興)の人。若くして明経に挙げられ,粛宗が即位すると(756)中書舎人を拝し,多くの詔令を作った。代宗(在位763‐779)のとき,吏部侍郎,集賢殿学士となり,没後太子少師を贈られた。書は八分(はつぷん),楷,行をよくした。作品に《嵩陽観碑》,《不空和尚碑》,《大証禅師碑》などがあり,書に関する著述として《論書》《古跡記》(ともに《法書要録》所収)がある。【杉村 邦彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徐浩の関連キーワード空海

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android