コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐浩 じょこう Xu Hao; Hsü Hao

2件 の用語解説(徐浩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐浩
じょこう
Xu Hao; Hsü Hao

[生]長安3(703)
[没]建中3(782)
中国,唐の官僚。越州 (浙江省紹興) の人。字は季海。諡は定始。若くして明経科に合格し,著名な文人官僚の張説 (ちょうえつ) の推挙を受けて多くの官職を歴任した。安史の乱のときは襄陽太守本郡防禦使であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょこう【徐浩 Xú Hào】

703‐782
中国,唐代の書家。字は季海。越州(浙江紹興)の人。若くして明経に挙げられ,粛宗が即位すると(756)中書舎人を拝し,多くの詔令を作った。代宗(在位763‐779)のとき,吏部侍郎,集賢殿学士となり,没後太子少師を贈られた。書は八分(はつぷん),楷,行をよくした。作品に《嵩陽観碑》,《不空和尚碑》,《大証禅師碑》などがあり,書に関する著述として《論書》《古跡記》(ともに《法書要録》所収)がある。【杉村 邦彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徐浩の関連キーワード陳曼寿鄭騰雲三江紹益盧象昇黄輝顔桃陵越州越州窯孫過庭飯田百川

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone