コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越州 えつしゅうYue-zhou; Yüeh-chou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越州
えつしゅう
Yue-zhou; Yüeh-chou

中国,浙江省紹興県地方をいう。もと族の住地。漢代に会稽郡となり,隋代に越州となり,宋代には紹興府となる。酒,陶器産地として名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

えっしゅう【越州】

新潟の日本酒本醸造酒「壱乃越州」、特別本醸造酒「弐乃越州」、特別純米酒「参乃越州」、純米吟醸酒「悟乃越州」、純米大吟醸酒「禄乃越州」などがある。原料米は千秋楽。仕込み水は蔵近くの朝日神社境内の湧水宝水」。蔵元の「朝日酒造」は天保元年(1830)創業。所在地は長岡市朝日。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

越州(えっしゅう)

新潟県、朝日酒造株式会社の製造する日本酒。本醸造生酒「雪げしき」、吟醸酒「桜日和」、純米大吟醸酒「禄乃(ろくの)越州」、純米吟醸酒「悟乃(ごの)越州」、特別純米酒「参乃越州」、特別本醸造酒「弐乃越州」、本醸造酒「壱乃越州」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

えっしゅう【越州】

越前・越中・越後の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の越州の言及

【紹興】より

…そののちも江南の後背地として機能し,五代の呉越国のように小国の国都となったこともあった。南宋のときは臨安(杭州)に国都があったが,北方の金が一時的に江南まで攻め込んだとき,臨安よりこの地(当時は越州と称した)に都が移され,そのとき年号を紹興(1131)と改元したことにちなんで,越州を紹興府と改めた。紹興の名はここに始まる。…

※「越州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

越州の関連キーワードシャオシン(紹興)特別市灰釉(はいぐすり)謁・悦・謁・越・閲北川 省一城久遺跡群朝倉始末記天童如浄井上頼圀えちぜん高麗青磁請来目録鴻臚館越州窯竜興寺多嘴壺沈惟岳砧青磁印花文竜泉窯虞世南

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越州の関連情報