コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐霞客 じょかかくXu Xia-ke; Hsü Hsia-k`o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐霞客
じょかかく
Xu Xia-ke; Hsü Hsia-k`o

[生]万暦14(1586)
[没]崇禎14(1641)
中国,末の旅行家。江蘇省江陰県の人。本名は徐宏祖,字は振之,霞客は号。幼時から歴史,地理書を博覧し,実地に名山,大川を訪ね,見聞するところが多かった。その旅行記を『徐霞客遊記』というが,後人の編集したもので,原本の3分の1にすぎないという。その足跡の及ぶところは,五岳はもとより,五台山天台山,黄山,武夷山などから湖南,広西,貴州,雲南などの南西各省にも及び,揚子江上流の源流をきわめたともいう。この遊記には多くの版本があるが,丁文江の校訂した活字本 (20巻,1928) が最もよいとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

徐霞客の関連キーワード安土桃山時代(年表)後陽成天皇後陽成天皇豊臣秀吉フォンタナ(Domenico Fontana)水原茂喜多七太夫吉川元春後陽成天皇シドニー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone