コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐霞客遊記 じょかきゃくゆうきXú xiá kè yóu jì

世界大百科事典 第2版の解説

じょかきゃくゆうき【徐霞客遊記 Xú xiá kè yóu jì】

中国,明末の徐弘祖(1586‐1641)の著作。徐弘祖は,号を霞客,字を振之という。江蘇省江陰の生れ。生家は代々官僚を出した家柄であったが,一度科挙に失敗したあとはみずから読書に努め,特に地理書に関心をもった。しかし古典の字句の机上解釈に終始する従来の学問にあき足らず,自分の眼で実際の自然を観察しようと,22歳より旅行を始め,死の前年の55歳に至るまでの30年間,その足跡は当時の14省,東北,西域,四川,チベットなどを除くほとんど全国にわたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の徐霞客遊記の言及

【雲南[省]】より

…山脈の南には騰衝県城を中心に半径30kmの範囲に打鷹(だよう)山など20余の新生代火山群が集中している。明の徐弘祖(霞客)はこの地域を調査し《徐霞客遊記》のなかで,水と蒸気の噴出するさまは虎がほえるよう,泡は弾丸のようであると描写している。雲南東部は平均標高1400~2000mの高原である。…

【旅行記】より

…旅行の大衆化とともに遊記も大衆化した時代であった。この中でとくに注目されるのは徐宏祖《徐霞客遊記》で,地形,地質,水文,生物など,これまでの文人の遊記ではほとんど関心が示されなかったことがらについての新しい発見に富み,のちの自然科学的踏査の先駆者ともいえる。また清末,洋務運動の産物として行われた海外派遣の記録である薛福成(せつふくせい)《出使四国日記》,張徳彝(ちようとくい)の海外遊記八部作などは,西洋社会の実情を一般に啓蒙するのに大きな役割を果たした。…

※「徐霞客遊記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

徐霞客遊記の関連キーワード雲貴高原徐霞客

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android