コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁文江 ていぶんこう

3件 の用語解説(丁文江の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

丁文江【ていぶんこう】

中国の地質学者。江蘇省泰興の人。字は左君。ヨーロッパに留学,のち,北京大学教授。草創期の中国地質・地理学に大いに貢献。著書《中国官弁鉱業史略》《中華民国新地図》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていぶんこう【丁文江 Dīng Wén jiāng】

1887‐1936
中国の地質学者。江蘇省に生まれ,イギリスグラスゴー大学に学ぶ。1911年に帰国し,雲南・貴州の地質調査を行う。16年に北京に地質調査所が設けられ,彼は初代所長となった。6年後に辞職し,一時政治活動に従事したことがあったが,29年からは再び地質調査の仕事に戻り,北京大学の教授ともなった。34年には中央研究院の総秘書長となったが,湖南省における鉱物資源調査中に病を得て亡くなった。胡適の友人であり,《独立評論》の編集に参加したほか,《中国分省地図》を出版した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丁文江
ていぶんこう / ティンウェンチヤン
(1887―1936)

中国の地質学者。江蘇(こうそ)省の生まれ。イギリスのグラスゴー大学やドイツに留学、1911年に帰国した。1916年に北京(ペキン)に設立された地質調査所の初代所長に任命されたが、6年後には所長を辞して政界で活躍した。1929年にはふたたび地質学の研究に戻り、北京大学の教授に任命され、中国地質学会会長や中央研究院総秘書長などの要職に就任した。思想家の胡適(こてき)と親交があり、『努力週報』や『独立評論』などの思想評論誌の編集に参加し、自らも論文を公表し、「立学与科学」の論争で知られる。科学史の業績として、明(みん)の宋(そう)応星の『天工開物』を紹介した論文がある。[大森昌衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁文江の関連キーワード呉椿江蘇省デーリーハットンライエル井上禧之助神保小虎鈴木醇中村新太郎湊正雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone