コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒寝 イタズラネ

デジタル大辞泉の解説

いたずら‐ね〔いたづら‐〕【徒寝】

恋い慕う人と離れて、独り寂しく寝ること。いたずらぶし。
「人待つと泣きつつすぐす夜な夜なは―にも泣きぬべきかな」〈中務集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたずらいね【徒寝】

いたずらね【徒寝】

待っている人の訪れて来ない、寂しいひとり寝。いたずらぶし。あだぶし。いたずらいね。 「人待ちて泣きつつ明かす夜な夜なは-にもなりぬべきかな/伊勢集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徒寝の関連キーワード徒臥し人待ち徒稲

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android