従属節(読み)ジュウゾクセツ

デジタル大辞泉の解説

じゅうぞく‐せつ【従属節】

で、主節に対して、主格・述格・連体修飾格・連用修飾格・独立格に立つをいう。「彼女正直なのは有名な話だ」の「彼女が正直なのは」の部分が主格の従属節である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぞくせつ【従属節】

複文で、主節に対し名詞・形容詞・副詞に相当する機能をもって従属する節。「春が来ると花が咲く」における「春が来ると」など。従節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうぞく‐せつ【従属節】

〘名〙 文法で、文の構成部分として、他の部分に対し、主述・修飾・接続などの従属関係をもっている連語のうち、それ自体の要素の間に主語・述語の関係の認められるもの。それ自体に主述の要素をもつ連語が、他の文節、または文節中の自立語に対して、主語、述語、修飾語などになる場合の称。⇔対立節

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の従属節の言及

【文】より

… 文を構成する成分で,それ自身も文のような性質をもつもの(特に,それ自身が主語・述語を含むもの)を〈節clause〉という(なお,節のことをも文ということがあり,逆に,文全体のことをも節ということがある)。一文を構成する複数の節が構造上対等な関係にあれば,それらを〈等位節〉といい,主従関係にあれば,それぞれを〈主節(主文)〉〈従属節(副文)〉という。従属節にも種々のものがあり,それぞれその機能等によって名詞節,副詞節,関係節等と呼ばれる。…

※「従属節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android