コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得たり エタリ

デジタル大辞泉の解説

え‐たり【得たり】

[連語]《動詞「う(得)」の連用形+完了の助動詞「たり」。感動詞的に用いる》事がうまく運んだときや、事をうまくしとげたときに発する語。しめた。うまくいった。
「統一もなき無趣味の三十一文字(みそひともじ)となし自ら―とする事初心の弊なり」〈子規・墨汁一滴〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えたり【得たり】

( 感 )
〔動詞「得」の連用形「え」に完了の助動詞「たり」の付いたものから〕
自分の思いどおりになったときに発する声。しめた。うまい。してやったり。 「 -とばかり打ちこむ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

得たりの関連キーワード成り上がり者・成り上り者テレマティクスサービス電子計算機使用詐欺罪ユーザー登録我が意を得る零和ゲーム出来合夫婦得たりおうと言ふとも内部金融御用組合目を開く細胞工学政治ごろ焼け太り意を得る恩を売る恐喝罪遊び敵分散剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得たりの関連情報