得たり(読み)エタリ

デジタル大辞泉の解説

え‐たり【得たり】

[連語]《動詞「う(得)」の連用形+完了の助動詞「たり」。感動詞的に用いる》事がうまく運んだときや、事をうまくしとげたときに発する語。しめた。うまくいった。
「統一もなき無趣味の三十一文字(みそひともじ)となし自ら―とする事初心の弊なり」〈子規・墨汁一滴〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えたり【得たり】

( 感 )
〔動詞「得」の連用形「え」に完了の助動詞「たり」の付いたものから〕
自分の思いどおりになったときに発する声。しめた。うまい。してやったり。 「 -とばかり打ちこむ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得たりの関連情報