御乳母日傘(読み)おんばひがさ

精選版 日本国語大辞典の解説

おんば‐ひがさ【御乳母日傘】

※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)三幕「お乳日傘(ンバヒガサ)でそやされた、お坊育ちのわんぱくが異名になった此吉三」

おんば‐ひからかさ【御乳母日傘】

〘名〙 幼児を大切にして、乳母(うば)をつけ、外出にも日傘をさしかけること。転じて一般に、幼児が大切に育てられることにいう。おうばひからかさ。おんばひがさ。
※洒落本・通言総籬(1787)一「乳母日傘(オンバヒカラカサ)にて長(ひととなり)、金銀の細螺(きさご)はじきに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android