御免なさい(読み)ゴメンナサイ

デジタル大辞泉の解説

ごめん‐なさい【御免なさい】

[連語]
自分のあやまちをわびるときの言葉。「ご免なさい、もう二度としません」
自分の失礼に対して許しを乞(こ)うときの言葉。「お忙しいのにお邪魔してご免なさい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごめんなさい【御免なさい】

( 連語 )
許しを請うたり、謝罪したりするときに言う語。 「 -、痛かったでしょ」
他家を訪れたり、辞去したりするときの挨拶の言葉。 「ではこれで-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごめん‐なさい【御免なさい】

連語〙 (助動詞「ます」の命令形「ませ(まし)」を付けていっそう丁寧に表現することもある) 許しを請うときに言うことば。
① 他人に許可を求める気持で言う挨拶のことば。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)三「御免(ゴメン)なさいと座につけば、まづこちらへと上の座へすすめて」
他家を訪問したときの呼びかけのことば。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「お隣のおかみさん、御免(ゴメン)なさいまし」
③ 特に、人込みに分けいったり、それをかきわけて進む時のことば。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「御免(ゴメン)なさい田舎者は、めりやす好の江戸子(えどっこ)にて、ざっと一風呂手巾(てぬぐひ)を濡らすのみ也」
④ 他人にあやまる時に言うことば。
※咄本・無事志有意(1798)そそか「コレハごめんなさい。わたしがおみ足かとぞんじて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android