コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御国詞活用抄 みくにことばかつようしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御国詞活用抄
みくにことばかつようしょう

本居宣長の手に成る文法書。天明2 (1782) 年頃一応成立したと推定される。刊行は 1886年。ただしその成立事情は複雑で,原本『活用言の冊子』の段階から本居一門の共同研究的性格をもっていたようで,多くの写本がつくられ,増補修正が加えられている。『言語活用抄』などとも題す。用言の活用の研究で,活用語尾パターンを 27種類に分類し,それに属する語例を五十音順にあげている。鈴木朖 (あきら) の『活語断続譜』や本居春庭の『詞八衢 (ことばのやちまた) 』の成立に影響を与えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みくにことばかつようしょう〔みくにことばクワツヨウセウ〕【御国詞活用抄】

江戸中期の文法書。1巻。本居宣長著。天明2年(1782)ごろ成立。動詞・形容詞など活用語の語尾変化の型を五十音順に配列。語例が豊富で、のちの活用研究に資するところ大であった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みくにことばかつようしょう【御国詞活用抄】

語学書。一冊。本居宣長著。1782年成立。動詞・形容詞などの活用語を、語尾変化の形式によって27種に分け、その例を五十音順に示す。鈴木朖あきら・本居春庭らの活用研究に大きく寄与した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報