語例(読み)ごれい

精選版 日本国語大辞典 「語例」の意味・読み・例文・類語

ご‐れい【語例】

〘名〙 ことばの例。
随筆胆大小心録(1808)一五一「くきといひ、くくりといふは延約の語例なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「語例」の意味・読み・例文・類語

ご‐れい【語例】

言葉の使用例。「語例の多い辞書」
[類語]文例作例実例一例・具体例・例証たとえ引き合いケース例外特例用例事例類例好例先例前例引例症例例示

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android