コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活語断続譜 かつごだんぞくふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活語断続譜
かつごだんぞくふ

鈴木朖 (あきら) 著。1巻。享和3 (1803) 年頃成立。本書は先に『活語断続図説』があり,本書の形にまとまったあとにも何度か補訂されている。本居宣長の『御国詞活用抄』に述べられている 27の活用様式のなかから代表を1つずつ取出して活用表として図示したもの。宣長が係結の結び (すなわち「断」) による語形替変を取扱ったのに対し,続き (「続」) の場合も含めて用言の「断続」による替変を扱っている。「本語ニテトマル」「下ノ詞ニツヅク」「ベシニツヅク」「下ノ詞ト並ベ云」「命 (オホ) スルコトバ」などを基準に段を分けている。これが本居春庭東条義門に影響を与えることになったと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

活語断続譜【かつごだんぞくふ】

江戸時代の活用表。鈴木朖(あきら)〔1764-1837〕著。本居宣長の《御国詞活用抄》をもとに富士谷成章の考え方をあわせて作られ,宣長が27種類に分けた活用のすべてに対し,活用形の用法による相互の対応を示し,1等から7等までの活用形に分けて図示した(のち本居春庭が今日行われているように六つに減らした)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かつごだんぞくふ【活語断続譜】

語学書。鈴木朖あきら著。一巻。1803年頃成立。本居宣長のりながの「御国詞みくにことば活用抄」を整理発展させたもの。かつごきれつづきのふ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活語断続譜の関連キーワード詞の八衢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android