コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御幣餅/五平餅 ゴヘイモチ

デジタル大辞泉の解説

ごへい‐もち【御幣餅/五平餅】

うるち米の飯を練ってつぶし、小判形団子(だんご)にして串にさし、味噌や醤油(しょうゆ)のたれをつけてあぶったもの。長野や岐阜などの郷土食。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御幣餅
ごへいもち

中央アルプス南端の恵那(えな)山を中心に伊那谷(いなだに)側の飯田(いいだ)一帯、木曽(きそ)街道の中津川、馬籠(まごめ)、妻籠(つまご)などに、古くから伝えられる山家(やまが)料理。山の神に捧(ささ)げる食物から始まり、宿駅制定によりしだいに茶店などの商品となっていった。白飯を半練りにした餅をこしらえ、クルミ、ゴマ、ラッカセイをすりつぶしてみそと和(あ)えたたれを塗り、炭火でこんがり焼き上げた香ばしい食品である。飯田側はへぎ板状の串(くし)に餅を楕円(だえん)状に塗り付ける。御幣をかたどったものだが、形状からわらじ御幣ともよばれる。中津川方面では幕末ごろにはすでに団子形式に変化していた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

御幣餅/五平餅の関連キーワード郷土菓子中津川餅菓子山の神五平餅史生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android