コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御心を ミココロヲ

デジタル大辞泉の解説

みこころ‐を【御心を】

[枕]《「を」は間投助詞》み心が広い、長い、よいの意から、「広田」「長田」「吉野」などの地名にかかる。一説に、み心を寄す意からとも。
「―吉野の国の」〈・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みこころを【御心を】

( 枕詞 )
御心を寄すの意から、「吉野」にかかる。 「山川の清き河内と-吉野の国の/万葉集 36

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御心をの関連キーワード差し合はす柿本人麻呂言い囃す明らめる何とかは前渡り万葉集吉野広田一旦興す枕詞実に

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御心をの関連情報