コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広田(読み)ひろた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広田
ひろた

愛媛県中部,砥部町南部の旧村域。四国山地の北西部にある。 2005年砥部町と合体。林業のほかタバコ,クリを産する。特産は砥部焼の原料である陶石権現山山岳信仰の地。白糸の滝,長曾池などの景勝地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広田
ひろた

愛媛県中部、伊予郡にあった旧村名(広田村(むら))。現在は砥部(とべ)町の南部を占める一地域。2005年(平成17)砥部町と合併。旧村域は、四国山地に位置する肱(ひじ)川上流田渡(たど)川流域の純山村で、国道379号が通じる。近世は大洲(おおず)、新谷(にいや)両藩の分割統治を受けてきた。面積の90%が林地で、スギ、ヒノキの生産のほか、ブドウやクリの栽培が盛んである。上尾(うえび)峠一帯では砥部焼の原料となる陶石採掘が行われ、瀬戸、多治見(たじみ)などへも出荷されている。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広田の関連情報