広田(読み)ひろた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛媛県中部、伊予郡にあった旧村名(広田村(むら))。現在は砥部町(とべちょう)の南部を占める一地域。2005年(平成17)砥部町と合併。旧村域は、四国山地に位置する肱(ひじ)川上流田渡(たど)川流域の純山村で、国道379号が通じる。近世は大洲(おおず)、新谷(にいや)両藩の分割統治を受けてきた。面積の90%が林地で、スギ、ヒノキの生産のほか、ブドウやクリの栽培が盛んである。上尾峠(うえびとうげ)一帯では砥部焼の原料となる陶石採掘が行われ、瀬戸、多治見(たじみ)などへも出荷されている。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広田の関連情報