コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花営三代記 かえいさんだいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花営三代記
かえいさんだいき

武家日記』ともいう。室町幕府の記録。3巻。作者未詳。前半は正平 22=貞治6 (1367) ~弘和1=永徳1 (81) 年の間の幕府の政所関係記事で,後半は応永 28 (1421) ~同 32年にわたる,将軍供衆の一人伊勢貞彌 (のち貞平) の日記である。この時期が将軍足利義満,義持,義量の3代にわたっており,将軍の邸宅 (→室町殿 ) が「花の御所」と呼ばれたことからこの記名がある。『群書類従』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かえいさんだいき〔クワエイサンダイキ〕【花営三代記】

室町幕府に関する記録。3巻。筆者未詳。将軍足利義満義持義量の3代にわたり、幕府の行事・法令や武家風俗などを記す。室町記。武家日記。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かえいさんだいき【花営三代記】

室町幕府に関する記録。《武家日記》《室町記》《室町三代記》ともいう。内容が足利義満・義持・義量3代にわたることから書名は生まれているが,実は2書を合わせて1書にしたものである。前半は1367‐81年(正平22∥貞治6‐弘和1∥永徳1)の幕府の政務や時々の政治的事件,法令などを編纂したもの。後半は御供衆伊勢貞弥(後に貞平)の1421‐25年(応永28‐32)にわたる日記である。いずれも他に類似史料が少ないので貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かえいさんだいき【花営三代記】

義満・義持・義量よしかずの三代の将軍にわたる室町幕府の記録。一巻。前半は政所関係者の手になると思われる法令集・部類記的史料による記事、後半は御供衆伊勢貞弥の日記で、のちに一書にまとめられたもの。武家日記。室町記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花営三代記
かえいさんだいき

室町幕府に関する記録。3巻。「武家日記」「室町記」「室町三代記」ともいう。書名は花営(花の御所=室町幕府)三代(足利義満(あしかがよしみつ)・義持(よしもち)・義量(よしかず))の記録であることによる。元来別の成立になる二書をあわせて一書としたもの。前半は1367年(正平22・貞治6)~81年(弘和1・永徳1)の幕府法令や評定などの記事を、後半は1421年(応永28)~25年の御供衆(おんともしゅう)伊勢貞弥(いせさだひさ)(のちに備後守(びんごのかみ)貞平)の日記を収める。『群書類従』(雑部)所収。[桑山浩然]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone