御手洗 辰雄(読み)ミタライ タツオ

20世紀日本人名事典「御手洗 辰雄」の解説

御手洗 辰雄
ミタライ タツオ

大正・昭和期の政治評論家,新聞人



生年
明治28(1895)年3月23日

没年
昭和50(1975)年9月7日

出生地
大分県

学歴〔年〕
慶応義塾大学〔大正3年〕中退

経歴
大分新聞入社、大正6年報知新聞社に移り、社会部、政治部記者を経て、11年社会部長。昭和3年社内紛争で退社。以後東京毎夕新聞、国民新聞、二六新報などに勤め、9年京城日報副社長、14年社長となった。17年退社、東京新聞論説委員長。戦後政治評論に健筆をふるい、保守合同に尽力した。選挙制度審議会委員、横綱審議委員会委員も務めた。著書に「新聞太平記」「伝記正力松太郎」「山県有朋」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「御手洗 辰雄」の解説

御手洗 辰雄 (みたらい たつお)

生年月日:1895年3月23日
大正時代;昭和時代のジャーナリスト;政治評論家
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android