コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御手洗辰雄 みたらいたつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御手洗辰雄
みたらいたつお

[生]1895.3.23. 大分
[没]1975.9.7. 東京
新聞記者,政治評論家。 1914年慶應義塾大学中退後,新聞記者となり 17年報知新聞社入社。社会部・政治部記者としてシベリア出兵従軍。 22年社会部部長,28年退社。 34年京城日報社副社長,39年社長。 42年東京新聞論説委員長。第2次世界大戦後は独立して,政治評論家として活躍。保守政界に影響力をもっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御手洗辰雄 みたらい-たつお

1895-1975 大正-昭和時代のジャーナリスト,政治評論家。
明治28年3月23日生まれ。報知新聞社会部長などをへて,昭和14年京城日報社長。17年東京新聞論説委員長。戦後は政治評論家として活躍し,保守政界に影響力をもった。昭和50年9月7日死去。80歳。大分県出身。慶大中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

御手洗辰雄の関連キーワードジャーナリスト正力松太郎山県有朋昭和時代南次郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android