コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御法禮(礼) ごほうれい

献辞辞典の解説

御法禮(礼)

法会を頂いたお礼という意味合いがあり、浄土真宗(仏教)での通夜・葬 儀告別式・法要時において、読経をあげて頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の表書き献辞(上書き)に用いられます。「法会」とは、死者を供養するために読経や説法を行うことを言います。※浄土真宗(本願寺派・大谷派など)以外の宗派では、教義の違いにより用いられません。

出典|(株)ササガワ献辞辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android