コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御牧重太郎 みまき じゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御牧重太郎 みまき-じゅうたろう

1850-1868 幕末の武士。
嘉永(かえい)3年10月生まれ。御牧赤報(せきほう)の孫。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。重野安繹(やすつぐ)に儒学をまなんだ。戊辰(ぼしん)戦争で東征軍に従軍,軍監の鳥取藩士中井範五郎と箱根の幕府軍偵察にむかい,慶応4年5月19日小田原藩兵に殺された。19歳。名は篤文。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

御牧重太郎の関連キーワード戊辰戦争逃亡奴隷法光の科学史テーラーゴールド・ラッシュ縮合シュティフターメリヨン藩学一覧早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android