御百度を踏む(読み)オヒャクドヲフム

  • おひゃくど
  • を 踏(ふ)む
  • 御百度
  • 御百度(おひゃくど)を踏(ふ)・む

デジタル大辞泉の解説

願い事がかなうように社寺に一〇〇度お参りをする。お百度を上げる。
頼み事を聞き入れてもらうために、同じ人や場所を何度も繰り返し訪ねる。「―・んで契約を取りつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 祈願のためにお百度参りをする。御百度を上げる。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)五「『寔(まこと)に最う草臥て草臥て』『〈略〉夫(それ)おまけにお百度を踏(フン)だので猶の事ネヱ』」
② 頼みを聞いてもらうために、同じ人や場所を何度も訪問する。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「二三十枚の原稿一つ売るのに、本屋や雑誌社へお百度を踏んだ事もある」
③ 同じことを何度も繰り返す。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「今までは日本橋京橋を楽園としてお百度を踏(フ)んだ劇狂連は水の低きに就く如く遙々浅草観音の裏手へ殺到した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android