三顧(読み)サンコ

デジタル大辞泉の解説

さん‐こ【三顧】

三国時代の中国で、蜀(しょく)劉備(りゅうび)が、諸葛亮(しょかつりょう)を軍師として招くために、その草庵を度訪れたという、諸葛亮「前出師表」の故事から》人の上に立つ者が仕事を頼みたい人に特に礼を尽くして交渉すること。また、ある人を特別に信任・優遇すること。「三顧を尽くして迎える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんこ【三顧】

〔諸葛亮「前出師表」より。蜀しよくの劉備りゆうびが諸葛亮を軍師に迎えようとして、その庵いおりを三度訪れた故事による〕
人に仕事を頼むのに、何度も訪問して礼を尽くすこと。 「 -を尽くす」
[句項目] 三顧の礼

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐こ【三顧】

〘名〙 (中国の劉備(りゅうび)が諸葛孔明(しょかつこうめい)の庵(いおり)を三度も訪れ、遂に軍師として迎えた故事による) 目上の人がある人に礼をつくして仕事を頼むこと。また、目上の人がある人を特別に信任、優遇すること。三顧の礼。
※松山集(1365頃)寄無択首座「草廬只是欠三願、諸葛功名不論」 〔諸葛亮‐前出師表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三顧の関連情報