三顧(読み)サンコ

デジタル大辞泉の解説

三国時代の中国で、蜀(しょく)劉備(りゅうび)が、諸葛亮(しょかつりょう)を軍師として招くために、その草庵を度訪れたという、諸葛亮「前出師表」の故事から》人の上に立つ者が仕事を頼みたい人に特に礼を尽くして交渉すること。また、ある人を特別に信任・優遇すること。「三顧を尽くして迎える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (中国の蜀の劉備(りゅうび)が諸葛孔明(しょかつこうめい)の庵(いおり)を三度も訪れ、遂に軍師として迎えた故事による) 目上の人がある人に礼をつくして仕事を頼むこと。また、目上の人がある人を特別に信任、優遇すること。三顧の礼。
※松山集(1365頃)寄無択首座「草廬只是欠三願、諸葛功名不論」 〔諸葛亮‐前出師表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三顧の関連情報