コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御神火 ゴジンカ

大辞林 第三版の解説

ごじんか【御神火】

火山を神聖視して、その噴煙または火映かえいをいう語。特に、伊豆大島の三原山の噴煙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御神火の言及

【火山】より

…【荒俣 宏】
[日本]
 地中から火や溶岩などを轟音とともに噴出する火山現象は,古くから畏怖と崇敬の対象とされてきた。日本の各地に残っている御神火(ごじんか),御山,御灰,御池(火口湖),ミホド(噴火口)など火山現象に関連した言葉はそうした気持ちを伝えており,伊豆の利島では火口跡をオアナと呼び女や不浄な人は近寄らないという。また火山の噴火は地震,雷,火災を伴い天変地異の前兆や神の怒りと信じられた。…

※「御神火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御神火の関連情報