御追善(供養)料(読み)ごついぜんりょう

献辞辞典「御追善(供養)料」の解説

御追善(供養)料

追善供養を頂いたことに代えてという意味合いがあり、仏教での法要時において、追善供養のために読経をあげて頂いた寺院僧侶に対して贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に用いられます。「追善供養」とは、亡き生前善行を追想し、お供えをして冥福を祈ることをいいますが、浄土真宗(本願寺派大谷派など)では教義の違いにより御追善料を用いず「御追悼料」とします。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android