コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復興期の精神 ふっこうきのせいしん

世界大百科事典 第2版の解説

ふっこうきのせいしん【復興期の精神】

花田清輝の連作評論集。1946年我観社刊。西洋のルネサンス期(復興期)における人物,ダンテマキアベリコペルニクスをはじめ,ゲーテ,ポーなどを含む21編の人物論から成る。現代を〈転形期〉とみながら,その戦略をルネサンスふうの合理的実践に求め,奇想をまじえて時代とのかかわり方を語ったもの。大半が戦時中に書かれ,特異な抵抗文学の一つに数えられる。〈魂は関係それ自身〉となり〈心臓は犬にくれてやった〉という著者の非情な決意は,その後の著作の基調を語っていると思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふっこうきのせいしん〔フクコウキのセイシン〕【復興期の精神】

花田清輝の評論集。ルネサンス期の人物を中心とする人物評21編からなる。収録作品のうち「変形譚ゲーテ」以外は第二次大戦中に書かれたもので、昭和21年(1946)刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

復興期の精神の関連キーワード萬屋 錦之介美空 ひばり石原 裕次郎花田 清輝渥美 清

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復興期の精神の関連情報