コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復興期の精神 ふっこうきのせいしん

1件 の用語解説(復興期の精神の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっこうきのせいしん【復興期の精神】

花田清輝の連作評論集。1946年我観社刊。西洋のルネサンス期(復興期)における人物,ダンテマキアベリコペルニクスをはじめ,ゲーテ,ポーなどを含む21編の人物論から成る。現代を〈転形期〉とみながら,その戦略をルネサンスふうの合理的実践に求め,奇想をまじえて時代とのかかわり方を語ったもの。大半が戦時中に書かれ,特異な抵抗文学の一つに数えられる。〈魂は関係それ自身〉となり〈心臓は犬にくれてやった〉という著者の非情な決意は,その後の著作の基調を語っていると思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

復興期の精神の関連キーワード黒田清綱佐々木基一花田清輝花田植論集針生一郎瀬木慎一中野秀人宮内豊絓秀実

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

復興期の精神の関連情報