復興期の精神(読み)ふっこうきのせいしん

世界大百科事典 第2版の解説

ふっこうきのせいしん【復興期の精神】

花田清輝の連作評論集。1946年我観社刊。西洋のルネサンス期(復興期)における人物,ダンテマキアベリコペルニクスをはじめ,ゲーテ,ポーなどを含む21編の人物論から成る。現代を〈転形期〉とみながら,その戦略をルネサンスふうの合理的実践に求め,奇想をまじえて時代とのかかわり方を語ったもの。大半が戦時中に書かれ,特異な抵抗文学の一つに数えられる。〈魂は関係それ自身〉となり〈心臓は犬にくれてやった〉という著者の非情な決意は,その後の著作の基調を語っていると思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふっこうきのせいしん〔フクコウキのセイシン〕【復興期の精神】

花田清輝の評論集。ルネサンス期の人物を中心とする人物評21編からなる。収録作品のうち「変形譚ゲーテ」以外は第二次大戦中に書かれたもので、昭和21年(1946)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復興期の精神の関連情報