コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微粒子現像 びりゅうしげんぞうfine-grain development

3件 の用語解説(微粒子現像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微粒子現像
びりゅうしげんぞう
fine-grain development

写真のフィルム現像で,現像されてできる銀画像の粒状が細かく整い,豊富な諧調のネガに仕上げる方法。アルカリ度の弱い微粒子現像液を使う。光の少い暗部を出現する力が強い反面,強い光を受けたハイライト部を出現させる力は弱いので,軟調ネガをつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

微粒子現像【びりゅうしげんぞう】

現像によって得たネガの画像は銀粒子の集団からなるため,引伸しによって印画を作ると画面の荒れが目立ってくる。この欠点を少なくするため,還元銀粒子の大きさを微小にとどめようとする現像法を微粒子現像という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone