コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微粒子現像 びりゅうしげんぞうfine-grain development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微粒子現像
びりゅうしげんぞう
fine-grain development

写真のフィルム現像で,現像されてできる銀画像の粒状が細かく整い,豊富な諧調のネガに仕上げる方法。アルカリ度の弱い微粒子現像液を使う。光の少い暗部を出現する力が強い反面,強い光を受けたハイライト部を出現させる力は弱いので,軟調ネガをつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

びりゅうし‐げんぞう〔ビリフシゲンザウ〕【微粒子現像】

写真の引き伸ばしの現像で、画像となる銀粒子が細かくなるように処理すること。還元力の弱い現像液を使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

微粒子現像【びりゅうしげんぞう】

現像によって得たネガの画像は銀粒子の集団からなるため,引伸しによって印画を作ると画面の荒れが目立ってくる。この欠点を少なくするため,還元銀粒子の大きさを微小にとどめようとする現像法を微粒子現像という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android