コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微粒子現像 びりゅうしげんぞう fine-grain development

3件 の用語解説(微粒子現像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微粒子現像
びりゅうしげんぞう
fine-grain development

写真のフィルム現像で,現像されてできる銀画像の粒状が細かく整い,豊富な諧調のネガに仕上げる方法。アルカリ度の弱い微粒子現像液を使う。光の少い暗部を出現する力が強い反面,強い光を受けたハイライト部を出現させる力は弱いので,軟調ネガをつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

びりゅうし‐げんぞう〔ビリフシゲンザウ〕【微粒子現像】

写真の引き伸ばしの現像で、画像となる銀粒子が細かくなるように処理すること。還元力の弱い現像液を使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

微粒子現像【びりゅうしげんぞう】

現像によって得たネガの画像は銀粒子の集団からなるため,引伸しによって印画を作ると画面の荒れが目立ってくる。この欠点を少なくするため,還元銀粒子の大きさを微小にとどめようとする現像法を微粒子現像という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

微粒子現像の関連キーワード発色現像反転現像モノクローム定着反転フィルムC-41現像ダークルームミニラボレンズ付フィルム停止浴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone