コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島兵左衛門 とくしま ひょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳島兵左衛門 とくしま-ひょうざえもん

?-1684 江戸時代前期の治水家。
江戸深川の商人。甲斐(かい)(山梨県)西郡筋(にしごおりすじ)原七郷の水利のため,用水路の開削を計画。寛文5年着工する。工事は7年に甲斐府中藩の手にうつり,11年延長17kmの用水路徳島堰(せぎ)が完成,約500haを灌漑(かんがい),飯野新田,曲輪田(くるわだ)新田などがひらかれた。貞享(じょうきょう)元年死去。名は俊正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳島兵左衛門の関連キーワードマサチューセッツ貞享稲葉正休稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔河東節元禄時代市法貨物仕法

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone