コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳翁正呈 とくおう しょうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳翁正呈 とくおう-しょうてい

?-1400 南北朝-室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)大乗寺松岸旨淵(しょうがん-しえん)に師事して法をつぐ。のち播磨(はりま)(兵庫県)永天寺,越中(富山県)光禅寺の住持をつとめた。応永7年3月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳翁正呈の関連キーワード室町時代南北朝曹洞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android