コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心の闇 ココロノヤミ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐の‐やみ【心の闇】

心の平静を失って、理非の分別がつかなくなること。
「よもすがら月を見顔にもてなして―に迷ふころかな」〈山家集・中〉
親が子を思う情に引かされて迷う心。
「―晴れ間なく、嘆きわたり侍りしままに」〈松風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころのやみ【心の闇】

思い乱れて正しい判断ができなくなることを闇にたとえた語。 「かきくらす-にまどひにき/古今 恋三
特に、親が子を思うあまり、分別がつかなくなることをいう。子ゆえの闇。 「親の御-は、あやまりて後の世の罪などもおぼしやられず/浜松中納言 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心の闇の関連キーワード通りすがりに殺したいヴァムピールホムンクルス晴れ間・晴間伝灯・伝燈子故の闇家族八景尾崎紅葉エクウス掻き暗す暗れ惑ふ嘆き渡る後の世馳星周垂乳男長き夜晴間古今

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心の闇の関連情報